〜 かわさきの生涯学習情報 〜
 文部科学省 下村博文大臣 「川崎市子ども夢パークを訪問」
下村博文大臣写真  フリースクールで学ぶ子どもたちの支援策を検討している文部科学省は、10月27日(月)に下村博文大臣が、川崎市生涯学習財団と「フリースペースたまりば」が指定管理する「川崎市子ども夢パーク」を訪問し、「フリースペースえん」の視察を行いました。夢パークでは、ちょうど「こどもゆめ横丁」の準備中。子どもたちの声も聞いていただきました。

 「フリースペースえん」は、学校外で多様に育ち、学ぶ場です。学校の中に自分の居場所を見いだせない子どもや若者たちが、ほっと肩の力を抜いて、ひとりひとりがそれぞれのペースで「自分」を大切にできる場を目指しています。
「こどもゆめ横丁」の準備を視察する下村博文大臣(中央) →詳しくは、子ども夢パークホームページ

川崎市子ども夢パークとは・・・
「子どもたち一人ひとりが大事にされなければならない」
そう考えた子どもと大人がたくさん話し合いをして『川崎市子どもの権利に関する条例』をつくりました。
子ども夢パークは、この条例をもとにつくられた川崎市の施設です。
プレーパーク写真  ハンモック写真
 全天候型「たいよう」写真

    
(公財)川崎市生涯学習財団ホームページ(http://www.kpal.or.jp)/個人情報、リンク、著作権等について
Copyright(C) Kawasaki Lifelong Learning Foundation.All rights reserved.
電話番号(代)
044-733-5560
FAX
044-739-0085
総務室E-mail(代)
(公益財団法人)
川崎市生涯学習財団
〒211-0064 川崎市中原区今井南町28-41