市内施設情報
マークのある市の施設は、ふれあいネット(公共施設利用予約システム)で抽選申し込み・予約ができます。
のある施設は、川崎市立施設です
博物館・文化施設など
川崎区
川崎マリエン(川崎市港湾振興会館)
(東扇島38-1/tel 287-6000、fax287-7922)
川崎港や海事、海苔づくりについて学ぶことができる。
川崎能楽堂
(公財)川崎市文化財団(日進町1-37/tel 222-7995、fax222-1995)
能楽をはじめとした古典芸能や邦楽の発表・鑑賞の場。
アートガーデンかわさき
(駅前本町12-1 タワー・リバーク3F/tel 200-1415、fax222-8817)
絵画、彫刻、造形、工芸、写真、書などジャンルを超えたアートの発表の場。個展から全国規模の展覧会まで、自由に空間を演出できます。
東海道かわさき宿交流館
(本町1-8-4/tel 280-7321、fax280-7314)
いろいろな手法で楽しみながら東海道川崎宿の歴史・文化を学び、それを後世に伝え、地域活動・地域交流の拠点となることをめざしている。集会室・談話室の貸し出しも行なっている。
川崎・砂子の里資料館 2016年9月閉館
(砂子1-4-10/tel 222-0310、fax222-6155)
浮世絵の美術館として親しまれている。
大師河原水防センター(大師河原干潟館)
(大師河原1-1-15/tel 287-7882、fax287-7883)
環境学習を行う市民活動の拠点。河口域の生物や地域の歴史・文化に関する展示がある。
若宮八幡宮郷土資料室
(金山神社資料室)(大師駅前2-13-16/tel 222-3206、fax233-3060)
海苔づくりの様子や昭和時代の農具や家庭用品を展示。
かわさきエコ暮らし未来館
(浮島町509-1 浮島処理センター内/tel 223-8869、fax287-9604)
地球温暖化対策、再生可能エネルギー、資源循環について、見て・聞いて・さわって楽しく学べる環境学習施設。隣接するメガソーラーを展望スペースや構内から見学できるガイドツアー(予約制)を実施。見学申込は電話またはWebから。
幸 区
ミューザ川崎シンフォニーホール
(大宮町1310/tel 520-0100、fax520-0103)
多彩なジャンルのコンサートが鑑賞できるほか、市民交流室、会議室などの貸し出しも行っている。
ラゾーナ川崎プラザソル
(堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ5F/tel 874-8501、fax520-9151)
川崎駅と直結した大規模商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」5階にあるスタジオ形式の多目的ホールです。音楽、演劇、演芸、ダンス、説明会、展示会など、舞台と客席を自由に設置して、さまざまなイベントに利用できます。
東芝未来科学館
(堀川町72-34  スマートコミュニティセンター2F/ tel 549-2200、fax520-1500)
社会や生活を支えるシステムがどのように運営されているのかを知ることのできるビジョン展示ゾーン/事業展示ゾーンに加え、ヒストリーゾーンや、サイエンス&テクノロジーゾーンを通じ、学びの体験が得られる情報発信の場。
中原区
川崎市市民ミュージアム
(等々力1-2 等々力緑地内/tel 754-4500、fax754-4533)
川崎の成り立ちを考古、歴史、民族などの豊富な資料で紹介する博物館と、川崎のゆかりのある作品のほか近現代の表現を紹介する美術館との複合文化施設。
常楽寺(まんが寺)
(宮内4-12-14/tel 766-5068、fax766-5068)
先々代住職と親交があった漫画家の作品を集め、公開している。
川崎市平和館
(木月住吉町33-1/tel 433-0171、fax433-0232)
平和に関する映像や情報、学習資料を提供しているほか、平和交流の場として屋内広場や会議室も貸し出している。
高津区
川崎市大山街道ふるさと館
(溝口3-13-3/tel 813-4705、fax814-0250)
高津地域の歴史や民俗に関する資料や地域にゆかりのある文化人等の作品および関係資料の展示を行っている。
川崎市教育委員会地名資料室
(溝口1-6-10てくのかわさき4F/tel 812-1102、fax812-2079/川崎市教育委員会文化財課…tel 200-3305)
小黒恵子童謡記念館
(諏訪3-18-8/tel 833-9830、fax844-2816)
詩人で童謡作家の小黒恵子の博物館。
宮前区
電車とバスの博物館
(宮崎2-10-12/tel 861-6787)
東急線の旧型車両や電車・バスの運転および飛行機の操縦体験シミュレーターなどの展示や、パノラマ模型運転コーナーなど、大人からこどもまで楽しめる博物館となっている。
中日本高速道路(株) コミュニケーション・プラザ川崎
(南平台1-1/tel 866-8730)
高速道路の建設や管理、サービスエリアの運営などについて紹介する。見学申込は、団体の場合は必ず。
多摩区
川崎市立日本民家園
(枡形7-1-1 生田緑地内/tel 922-2181、fax934-8652)
東日本の代表的な重要文化財級民家をはじめ、水車小屋などの建物、道祖神などの石造物、農具など生活用具類を展示。
西門にある伝統工芸館では、伝統的な本藍染めを手軽に体験できる。
かわさき宙(そら)と緑の科学館
(川崎市青少年科学館)(枡形7-1-2 生田緑地内/tel 922-4731、fax934-8659)
世界最高クラスのプラネタリウム、星の観察ができるアストロテラス、天文や大地に関する展示、昆虫や動植物による川崎の自然の展示がある。
川崎市岡本太郎美術館
(枡形7-1-5 生田緑地内/tel 900-9898、fax900-9966)
高津区二子で生まれた岡本太郎氏の作品展示のほか、近現代美術の企画展が開催される。
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
(長尾2-8-1 生田緑地内/tel 0570-055-245)
長年多摩区に住み、「ドラえもん」など多くの名作を生み出したまんが家、藤子・F・不二雄氏の作品の展示等を通じて、作品世界やメッセージを幅広い世代に伝えている。
二ヶ領せせらぎ館
(宿河原1-5-1/tel 900-8386、fax900-8386)
多摩川を中心とする情報発信や、市民活動の拠点施設。源流から河口までの航空写真や、多摩川・二ヶ領用水の歴史や自然に関する資料、多摩川の魚の水槽などが設置してある。
明治大学平和教育登戸研究所資料館
(東三田1-1-1/明治大学生田キャンパス tel 934-7993)
風船爆弾や生物化学兵器など旧日本陸軍が研究開発・製造していた登戸研究所の研究施設をそのまま保存してある。
麻生区
王禅寺エコ暮らし環境館
(王禅寺1285番地/tel 712-4637、fax712-4638)
「資源循環」「温暖化対策」「自然共生」について、タッチパネルによるクイズに答え、ARなどによる映像を見ながら、楽しく学習できる体験型環境学習施設。予約不要のガイドツアーも行っている。
川崎市アートセンター
(万福寺6-7-1/tel 955-0107、fax959-2200)
舞台芸術の公演や鑑賞にアルテリオ小劇場、多様な映画を鑑賞できるアルテリオ映像館がある。
山田土筆細山美術館
(千代ヶ丘6-3-7/tel 966-4083)
開発前のこの地域の風景や、日本各地を訪れて残しておきたい風景を描いた作品を展示している。
細山郷土資料館
(香林寺宝物館)(細山3-10-10/tel 966-5450、tel 966-7752)
失われた郷土の埋蔵文化財、農機具、養蚕資料、生活用具などあらゆる郷土の資料を展示している。
中村正義の美術館
(細山7-2-8/tel 953-4936)
故中村正義の住まいを美術館としてオープン。この地でたくさんの作品を描いた中村正義の遺作が展示されている。

開館は年2回、春と秋。週末の金、土、日曜日と祝日開館。お問合せください。
柿生郷土資料館
(上麻生6-40-1 柿生中学校内/tel 988-0004)
地元の各遺跡から発掘された考古遺物、中世の高札など実物史料が多数展示されている。


スタディ・ツーリズムの勧め - 「川崎市の産業観光の魅力」(川崎市観光協会)で紹介されている企業を中心に記載しています。
※原則として団体での予約が必要です。詳しくは、それぞれの企業・団体へお問い合わせください。
川崎区
ペットリファインテクノロジー株式会社
(扇町12-2/tel 355-9322、fax355-9355)
日本で唯一の独自技術 「PRT方式(アイエス法)ケミカルリサイクル」の詳しい紹介や施設内の見学、「リサイクル方法の違い」など、PETボトルのリサイクルについての詳しい知識が学べる。見学申込はWeb上のフォームから。
株式会社デイ・シイ
(浅野町1-1)
セメント保管用サイロを見学できる。団体見学可、個人見学不可。
東亜石油(株)京浜製油所
(水江町3-1/tel 276-5850/人事総務課:…tel 280-0600、fax266-1005)
石油精製、防災、出荷設備等の見学ができる。見学申込は電話で。
味の素(株)川崎事務所
(鈴木町1-1/問合せ…tel 0120-003-476)
かつお節削り体験、「ほんだし」おにぎりの試食、「味の素」を加えたみそ湯の飲み比べ、東京ドーム8個分の敷地にある「ほんだし」工場、資料展示室を見学できる。見学申込はWebから。
(株)クレハ環境・かながわ事業所
(千鳥町6-1/tel 280-3810、fax280-3814)
廃プラスチック類、木・紙くずなど産業廃棄物の回転切断破砕機処理、焼却炉の運転状況などが見学できる。見学申込は電話・FAX。
川崎ゼロ・エミッション工業団地協同組合
(水江町6-6 川崎エコタウン会館/tel 299-5374)
各企業がごみ処理廃棄物を可能な限り減らすとともに、廃棄物を分別し、再資源化や燃料として活用する、ごみ処理の最前線が見学できる。見学申込は電話、FAXにて…川崎市経済労働局国際経済推進室 tel 200-2313、fax200-3920
大同特殊鋼(株)川崎工場
【当面の間、見学休止】
東京電力(株)東扇島火力発電所
【当面の間、見学休止】
JFEスチール(株)東日本製鉄所(京浜地区)
(扇島1-1/見学チーム…tel 322-1115、fax322-1105)
製造工程である高炉・転炉・厚板工場を見学することができる/見学申込は電話、FAX
特定非営利活動法人・川崎市民石けんプラント
(塩浜2-21-3/tel 276-0739)
使用済みの食用油を回収し、リサイクル石けん「きなりっこ」を製造販売、バイオディーゼル燃料(BDF)製造。環境・福祉事業の実践が見学できる。見学申込は電話、その後申込書を提出。
昭和電工(株)川崎事業所「プラスチックケミカルリサイクル工場」
(扇町5-1/tel 322-6979、fax355-8435)
破砕成形設備・ガス化設備を中心に、プラスチックがリサイクルされアンモニアになる仕組みを見学、本事務所は、登録有形文化財として文化庁に登録された、大変趣きのある建物であり、移動中にバスの中から見られる。見学申込は電話で、その後見学依頼書を送信。
日本ヴォパック(株)川崎事業所
(千鳥町2-2/tel 277-7411、fax277-7235)
日本初のパブリックタンクターミナルとして液体倉庫管理のみならず、あらゆる液体貨物の加工から輸送、物流提供をおこなっている。事業所の概要と環境や安全の取り組み、液体の保管、荷役の説明、現場見学ができる。見学申込は電話で。
川崎工場夜景ツアー
(旅プラスワン tel 03-6436-0395)
バスツアーと屋形船クルーズがある。
幸 区
東芝未来科学館
(堀川町72-34  スマートコミュニティセンター2F/tel 549-2200、fax520-1500)
社会や生活を支えるシステムがどのように運営されているのかを知ることのできるビジョン展示ゾーン/事業展示ゾーンに加え、ヒストリーゾーンや、サイエンス&テクノロジーゾーンを通じ、学びの体験が得られる情報発信の場。
慶應義塾大学新川崎(K2)タウンキャンパス(新川崎先端研究教育連携スクエア)
(新川崎7-1/tel 580-1580、fax580-1570)
オープンキャンパス、科学講座のほか、現在進められている先端的な研究プロジェクトについて推進研究に支障が無い範囲で、見学を受け入れている。見学申込は電話またはメール。
東京ガラス工芸研究所
(塚越3-146-1/問合せ…tel 544-5334、fax589-5586)
多くの有名作家を育てる現代ガラス工芸の授業・施設の見学や技法の説明を受けることができる。見学申込は電話、FAXまたはWeb内のフォーム。
中原区
川崎市等々力工業会
(等々力6-7/サトウ製作所tel 722-7663、姿栄(シエイ)工業 tel 722-2946、堀端製作所tel 733-0820)
等々力緑地の一角で、金属、プラスチック、紙などの加工から塗装、電気、建設、内装、自動車整備まで多岐にわたる技術を見ることができる。映画やドラマのロケ地にもなっている昭和の風景を楽しむこともできる。見学申込は、上記3社へ。
(株)朝日プリンテック・川崎工場
(西加瀬19-1/tel 435-0200)
朝日新聞の印刷工程が見学できる。見学申込は朝日プリンテックWeb内のフォームで。
富士通(株)川崎工場
(上小田中4-1-1/tel 777-1111)
技術の歴史および最新ソリューションの見学・デモを体験できる施設。時代を代表する製品から世界で活躍する最新のICT(情報通信技術)まで、手に触れて楽しめる。見学申込は、富士通川崎工場テクノロジーホールのページから。
高津区
ブリマー・ブルーイング株式会社
(久地4-27-14/tel 281-0541、fax281-0961)
ビールの製造過程を紹介。見学はブルワリーツアー時のみ。開催日をWebで確認し電話で。
クノール食品株式会社
(下野毛2-12-1/tel 811-3111/見学申込…tel 811-3195)
カップスープの充填、包装などの見学と試食ができる。見学申込は、電話で。その後申込書をFAX。
(株)日経東京製作センター・川崎工場
(久地3-16-12/tel 820-3018、fax820-3029)
新聞の製版―印刷―発送の過程が見られる。見学申込は、電話、FAX(Webに申込書がある)。
(公財)神奈川科学技術アカデミー・KSPテクノプラザ「光触媒ミュージアム」
(坂戸3-2-1 KSP西棟1F/tel 814-5096)
光触媒に関するデモ機や応用製品を常時40点以上展示があり身近に感じることができる。見学申込は、不要。
(株)ミツトヨ・沼田記念館・ミツトヨ博物館
(坂戸1-20-1/tel 813-8201、fax813-8210)
沼田記念館では、開発された測定器の資料2万点を所蔵。ミツトヨ博物館では、メートル原器の複製品及び精密測定機器のルーツと、その変遷を紹介。見学申込は電話で事前に。
宮前区
中日本高速道路(株) コミュニケーション・プラザ川崎
(南平台1-1/tel 866-8730)
高速道路の建設や管理、サービスエリアの運営などについて紹介する。見学申込は、団体の場合は必ず。
多摩区
麻生区
(NPO法人)発見工房クリエイト
(黒川276/tel 981-1892 fax981-1892)
ミニ科学館には触って動かす展示物や体で体験する不思議な科学遊具がある。実験教室なども開催。見学申込は、Web内のメールフォームにて。
市 外
東京電力(株)電気の史料館<鶴見区> 【休館中】